カリーニョとは

カリーニョはスペイン語で【愛情、愛着、大切な人、恋人】という意味の言葉です。
食器も、使う方にとって「愛着のあるもの」「いとおしいもの」になればという想いを込めています。

カリーニョの3つの想い

1.カリーニョは、高級ブランド食器を「見て」「 学んで」「試しに使ってみて」その美しさ、その良さ、その食器に秘められたドラマティックなストーリーを、皆様にわかりやすくお伝えします。

高級ブランド食器の一つ一つの食器には、誇り高き伝統、試行錯誤を繰り返した苦難の歴史、そして王族とのドラマティックなストーリーが秘められています。

それらを紐解くことで、今まで高級食器には憧れていたけれど、近づけなかった人、初めて高級食器というのを知った人、たくさん集めていたけれどそれが何か知らなかった、そんな人たちに「伝える」ことで、その魅力をもっと知ってもらいたいと願っています。

2.カリーニョは、器を愛する全ての人が気軽に集えるサイトを目指します。
高級食器に限らず、カリーニョは器のことが大好きな人々全てを受け入れます。
さまざまな企画によって、器に対する愛を楽しく語らえるサイトを提供します。
3.カリーニョは、さまざまな企画、レンタル事業、イベントを通じて器に関わる全ての人々に「ワクワク」の輪を広げます。

カリーニョは、高級食器をレンタル利用する人たちだけを「ワクワク」させたいのではありません。

私たちは、器を作る「作り手」 、器を売る「売り手」そして購入して使う「使い手」という、器に関わる全ての人々がもっとワクワクできることを提供し、食器業界のすそ野を広げるお手伝いをします。

実績

2018年9月20日から10月31日までの期間で挑戦したクラウドファンディングでは、初日5時間で目標金額を達成し、目標金額を200%以上超えてプロジェクトを成立させました。
ご支援くださった皆様に心よりお礼申し上げます。

このプロジェクトでは、多くの皆様から心のこもったコメントとともにご支援を頂戴いたしました。
ここに感謝の意を表し、ご支援者様のお名前掲載を掲載させていただきます。(氏名掲載了承者のみ、ご支援日順)

カリーニョ応援コース(会員権&お名前掲載)
猫ママ様/秘密の悪女キッチン主宰MIKA様/みき様/小峰麻也様/加藤恭子様/nomura masaki様/荻原寿幸子様/石井陽介様/大槻知子様/Jun jun様/かいもと まや様/あさぞう様
【追加!】カリーニョ応援コース(会員権&お名前掲載)
フレーズ様/照山美希様/森井佐知子様/鈴木佳代子様/舞花様/さな薬局naoya kobayashi様

カリーニョ代表あいさつ

初めまして。株式会社アリベの加納と申します。
少し長くなりますが、私自身のこと、そしてカリーニョを立ち上げるに至った経緯をお話させていただきます。

私は、幼少期より洋食器コレクターの父親の影響を強く受け、美しい絵画が氷結されたように艶やかな西洋磁器に魅了され、独学で西洋磁器史について学んできました。

カリーニョを運営するまでの私は、進学塾(小・中学生文系担当)や洋食器の輸入商社、ワインの輸入商社などに勤めてきた経験を生かし、洋食器の歴史を紹介する洋食器講座の開講や、大手企業でのセミナー講師、レシピ開発、キュレーションサイトでのコラム執筆など、多岐にわたり活動してきました。

この仕事を通して、食器は実際に使ってみることで、初めてわかる魅力があることを強く実感しています。

しかし洋服には「試着」、食べ物には「試食」、お化粧品には「試供品」がありますが、これまでに食器を「試しに使える機会」というのが、日本にはありませんでした。

私が提案したいのは、モノを「所有する」ことの豊かさではなく、モノを「使う」ことで得られる“心の”豊かさ。
食器を通して「日常を心豊かに過ごせる食卓」を生み出すお手伝いをしていきたいと思っています。

それを実現させるため、値段がネックで買うことのできなかったような高級食器に特化したサービスを作りました。
それが「カリーニョ」です。

カリーニョには、最大の強みとして、私自身が持つ「食器に関する知識」と「食器に対する深い愛情」があります。食器の仕入れリスク、破損リスク…これらを考えてみると、このサービスに対する障壁は高いです。それでも、少しでも多くの方々に、素敵な食器を使っていただける機会を作りたいという強い想いから、サービス開発を決意しました。

経済産業省が発表した『生産動態統計年報(資源・窯業・建材統計編)』によると、日本の「和飲食器+洋飲食器」の産業は、1991年の1778億円をピークに、2017年には85%減となる250億円までに縮小しています。

私たちは、カリーニョで食器を「実際に使う」という体験を提供することで、”食器のストーリーを伝える”いう方法を食器業界に広められたら、衰退している食器業界にも新しい風を吹き込むことができるのではないかと信じています。

大好きな食器業界が盛り上がる一翼になりたい。
大好きな産業が元気になれる応援団になりたい。

そう強く思っています。

私たちは昔も、今も、これからも、食器ブランドの歴史や作り手の想いなど、食器の持つ「目には見えないストーリー」と「実際に使う機会」を、ずっと大切にしていきます。そして食器業界において、新しい仕組みを構築し、作り手も、売り手も、買い手も、社会も、みんながワクワクするサービスの実現へと邁進していきます。

カリーニョを通して、食器が好きな方はもちろん、さまざまな理由で、使いたくても使えなかった方も、ぜひ気軽に食器を使ってみて、どんどん食器を好きになっていただきたいと思っています。
そして、大好きな人たちとおうちで過ごす食卓を、幸せな時間にしてほしいと心から願っています。

加納亜美子(かのう あみこ)

加納亜美子(かのう あみこ)株式会社アリベ 代表取締役社長
料理教室・洋食器セミナー「一期会(いちごかい)」主宰講師
雑誌『ELLE groumet』公認料理家(プロフィールページはコチラ
ぐるなび『ippin』キュレーター(執筆コラムはコチラ

私たちが運営しています

カリーニョは、2019年1月にスタートしました。
運営の中心にいるのは、株式会社アリベ代表取締役の加納亜美子のほかに、取締役の玄馬絵美子と まみこ です。

「えみこ」「まみこ」そして「あみこ」。
名前が似ていますよね?

そう、私たちは実の三姉妹
代表あいさつにも書きましたが、代表が食器好きになったきっかけは、父親の影響でした。つまり、同じ食器コレクターの父親の元で育った、食器好きの三姉妹が運営するサイトなのです。

私たちの実家は、100年以上続く医療関係の家業を持っていましたが(そのため、長女の絵美子と次女の まみこ の本職は薬剤師)、医療だけでなく、曾祖母の実家が、磁器の絵付けで使用する「赤色」の顔料(ベンガラ)作りを行っていたという、陶磁器にもかかわるルーツを持っています。有田焼の人間国宝の中には、いまだに私たちの先祖が作ったベンガラを使って赤絵付けをされている方もいらっしゃいます。

また、西洋磁器作りを初めて成功させた人物が「薬剤師」であったことから、薬剤師がサイト運営に関わることにも、なんだか不思議な縁を感じています。

陶磁器に関わるルーツ、そして父親の影響で食器好きに育った私たちにとって、カリーニョは、単なる「高級食器のレンタルサイト」ではなく、「日本最大級の『食器好き』が集まるサイト」を目指して運営しています。

現在は、私たち三姉妹のそれぞれの得意分野を中心に、「食器好き」な仲間で運営を行っていますが、まだまだ仲間を募集しています。
もし「私も食器に関する執筆活動やインタビューに協力したい!」という方がいらっしゃいましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

カリーニョに協力したい方はコチラまで

冒頭の『カリーニョ3つの想い』で記載した通り、高級食器に限らず、私たちは器のことが大好きな人々全てを受け入れます。器に関わる全ての人々がもっとワクワクできることを提供し、食器業界のすそ野を広げるお手伝いをしていきます!

玄馬 絵美子
(げんば えみこ)

株式会社アリベ 取締役 / マネーリテラシーアドバイザー / 薬剤師
カリーニョを運営する三姉妹の長女。薬局・病院で薬剤師として勤務後、現在、子育て中のアラフォー主婦。株式会社アリベでは受注・財務面、そしてカリーニョでは趣味で研究してきた古今東西の19世紀末~20世紀初頭の文化・様式・芸術の世界を紹介するコラム執筆を担当。
【これまでの実績】
全国のMR経験薬剤師が作る転職応援サイト『MRファーマシスト』にてマネーコラム連載。
新聞の文芸欄掲載多数。

まみこ

株式会社アリベ 取締役/4コマ漫画家/薬剤師
カリーニョを運営する三姉妹の次女。本業である薬剤師として勤務する傍らで、4コマ漫画家としても活動中。三姉妹で一番IT関係に強く、カリーニョのシステム分野を担当する理系女子。
これまでの実績:薬剤師専門誌『日経DI』にて4コマ漫画連載中。
全国のMR経験薬剤師が作る転職応援サイト『MRファーマシスト』にて4コマ漫画連載。
薬剤師・主婦・子育てパパ等のLINEスタンプ作成他。

【3分で登録完了!】
憧れの高級食器が気軽に使えるレンタルサービス

まずは無料会員登録