【12】ファインボーンチャイナとは

作者まみこ

ウェッジウッドが2世代目になり、この時代に初めて磁器を作るようになったんだ。

イギリスでは白い磁器の原料カオリンがとれなかったので、その白の代替として牛の骨(骨灰)を原料に作っていたんだよね。

それをボーン(骨)のチャイナ(磁器)

と言ったんだ。

 

よくボーンチャイナと聞いて、メイドインチャイナ(中国産)と間違えてしまうけれど、英語のスペルが違うから注意してね。

詳しくは初心者の旅のイギリス編を見てみよう。

作者まみこ

もしかして先に初心者の旅のマンガを見ていたらすでにアミーゴ先生がファインボーンチャイナについて話をしていたのに気が付いたかな?

 

そして硬質磁器、軟質磁器とあるけれど決して強度がどうのこうのというわけでもないから注意が必要だよ。

ウェッジウッドの磁器は一般的なボーンチャイナと違い骨灰をいっぱい使った食器なんだ。

 

次回はウェッジウッドの超定番シリーズワイルドストロベリーシリーズを見ていくよ。

次回もお楽しみに!

【4コマ漫画】ウェッジウッド編

【4コマ漫画】食器の知識ゼロから勉強の旅

この記事を書いた人

まみこ

株式会社アリベ 取締役/4コマ漫画家/薬剤師/
カリーニョを運営する三姉妹の次女。本業である薬剤師として勤務する傍らで、4コマ漫画家としても活動中。三姉妹で一番IT関係に強く、カリーニョのシステム分野を担当する理系女子。
【これまでの実績】
『日経DIオンライン』にて4コマ漫画「ガンバレ薬剤師」連載中。
全国のMR経験薬剤師が作る転職応援サイト『MRファーマシスト』にて4コマ漫画連載。
薬剤師・主婦・子育てパパ等のLINEスタンプ作成他。