唐草模様┃器物語

焼き物の初期のデザインは、昔は職人や絵付師の手で描かれていました。大部分は伝統的なデザインんを踏襲するか、注文主の意見に従って作られたと思いますが、出来栄えを左右したのは、職人の手わざでした。

しかし、人間の力では自由にならない部分もあります。焼き物は火をくぐるという宿命を持っているからです。そのため創意工夫より、既製のものをまねる傾向が強まります。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

この記事を書いた人

編集部

カリーニョ編集部による記事です