紅茶を楽しむ┃器物語

紅茶といえばイギリス。

イギリス人は一日の何回も紅茶を飲みますが、ティータイムが一般に広がったのはヴィクトリア女王の時代の1840年代以降。遠方への通勤やガス灯の普及で、夕食の時間が遅くなったため必要になったといわれます。

イギリス文学によく登場する紅茶

紅茶はイギリス文学の中にもよく登場します。

この記事を書いた人

編集部

編集部

カリーニョ編集部による記事です