磁器って何―石を原料にした硬い焼き物┃器物語

磁器は吸水性がないのが、大きな特徴

磁器は吸水性がないのが、大きな特徴です。
試しにバケツに入れた水にインクをたくさん入れ、磁器のお皿を一晩漬けておいても、インクの色に染まることはありません。これが陶器なら、色の付いた水を全面に吸い込んで染まり、拭いてもこすっても取ることはできません。

磁器の中でも、特に茶色の酸化鉄を取り除いて白く焼き上げたものを白磁器(はくじき)といい、表面を滑らかにするため、透明なガラスになる釉薬(ゆうやく)をかけます。

 

出典元:ノリタケ食文化研究会編『器物語 知っておきたい食器の話』2000年,中日新聞社,10-11頁

<このコラムについて>
コラム『器物語』は、2000年に刊行された『器物語 知っておきたい食器の話』の本文を転載させていただいております。
この書籍は、食器の知識がない人にもわかりやすく、かつ作り手(売り手)目線での、非常に興味深い食器の話が凝縮された良書で、私自身も学生時代に擦り切れるほど何度も読み込んだ、思い出深い一冊です。
本文の掲載をご承諾くださった株式会社ノリタケカンパニーリミテド様に心よりお礼申し上げます。
(カリーニョ代表 加納亜美子)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう