ぐるなびippinに掲載されました

キュレーターを務める ぐるなび『ippin』に、執筆したコラムが掲載されました。
今回は、現在 料理教室で愛用しているノリタケの器です*

ちなみに、前回掲載された大好きな「ハプスブルク・ファイルヒェン」の記事は、私の中では過去最高の「666」いいね!をいただけました。

そして(気づかなかったのですが)、前々回掲載された「ヘレンド」の記事は、『2018年12月もっとも読まれたグルメ記事10選』のキッチン・食器・雑貨部門に選んでいただけていました。

「食の第一線で活躍するプロが厳選したグルメな逸品だけを紹介する」というコンセプトの「ippin」で、自分の寄稿した記事が数字として結果に出てくると、励みになります。
今後も、私の愛する逸品を積極的にご紹介していこうと思います。

この記事を書いた人

加納亜美子

加納亜美子

西洋磁器史研究家 / 料理研究家
「カリーニョ」代表。カリーニョを運営する三姉妹の末っ子。

幼少の頃から洋食器コレクターの父親の影響を受け、食器の持つバックストーリーに興味を持ち、文系塾講師、洋食器輸入会社で勤務後、2016年1月~会員制料理教室「一期会」、2019年1月~高級食器リングサービス「カリーニョ」の運営を始める。
曾祖母は赤絵付けの原料となるベンガラ作りに関わっていたルーツを持つ。