エインズレイの「サマーセット」からイギリス文化を読み解く

今回の読書会で使用したエインズレイの「サマーセット」。
「かわいい!イギリスに行ったら、エインズレイはたくさん見かけるけれど、こんな柄見たことなかった!」と、とても好評でした。

「サマーセットsomerset」は、イギリス サマーセット州の秋の実りをデザインしたものです。これは英国工場で製造されていますが、この「サマーセット」が英国工場最後のシリーズといわれています。残念ながら、現在は廃盤希少品です。

リンゴにストロベリー、ブラックベリー、ラズベリー、など、木苺(キイチゴ、ベリー)がたくさん描かれています。イギリス人にとって、この木苺は特別な存在です。野に実る食用植物などを採取することは、「フォラジングforaging」といいます。
自然の恵みを頂くこの植物採集を、イギリス人は昔から楽しんでいました。その様子は、多くのイギリス文学の中に描かれています。

日本人がストロベリーである「いちご狩り」を「春の訪れ」として楽しむように、イギリス人にとって夏休みの終わりごろ、家族で「ブラックベリー摘み」をすることは、「夏の名残」を感じさせるものだそうです。

柿の実色をしたオレンジを中心に据えた配色は、なるほど日本人の「秋」のイメージにもしっくりきますね。
ぜひ、夏の終わりに想いを馳せて、お茶を楽しんでみましょう。

【サマーセットをレンタルして学べるポイント】

・ウェッジウッドとは一味違うエインズレイ特有のボーンチャイナの質感がわかる
・面取りされたカップや独特な取っ手、ユニークな高台を実感する
・秋の実りが描かれたデザインで、秋のティータイムを楽しむ

申込受付中のセミナー・イベント

これまでの陶磁器de読書会のようす

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いた人

玄馬絵美子

玄馬絵美子

薬剤師 / 「陶磁器de読書会」講師
カリーニョを運営する三姉妹の長女。薬局や病院で薬剤師として勤務し、現在子育て中のアラフォー主婦。株式会社アリベでは財務面を担当。カリーニョでは趣味で研究してきた東西の19世紀末~20世紀初頭の文化・様式・芸術の世界を紹介するコラム執筆、読書会を主宰する。
【これまでの実績】
全国のMR経験薬剤師が作る転職応援サイト『MRファーマシスト』にてマネーコラム連載。
新聞の文芸欄掲載多数。