【ヨーロッパ陶磁器の旅 オーストリア編①】2年ぶりのウィーンへ

2年ぶりのウィーンに到着しました。
今回の旅の、最終目的地。
残るチケットは、ウィーンから羽田への片道航空券のみです。

思えば、超のつく方向音痴の私が、こんなにヨーロッパを動き回れる日が来るなんて、想像もしていませんでした。(google mapのおかげです!笑)

前回はプライベートの旅行でウィーンに来ましたが、今回は仕事に関するアポイントがメインの滞在。
その合間に、前回の訪問時に行けなかった美術館や博物館に行けたらと思っています。

早速、本日は朝から夜まで動き回る予定。
明日またレポートします!

(つづく)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いた人

加納亜美子

加納亜美子

西洋磁器史研究家 / 料理研究家
「カリーニョ」代表。カリーニョを運営する三姉妹の末っ子。

幼少の頃から洋食器コレクターの父親の影響を受け、食器の持つバックストーリーに興味を持ち、文系塾講師、洋食器輸入会社で勤務後、2016年1月~会員制料理教室「一期会」、2019年1月~高級食器リングサービス「カリーニョ」の運営を始める。
曾祖母は赤絵付けの原料となるベンガラ作りに関わっていたルーツを持つ。