【2-9】柳,民藝に目覚める

作者まみこ

雑誌白樺で西洋宗教や美術を担当していた柳宗悦だけど、西洋から東洋にどんどん心が動いていったんだ。

 

そして、大正5年に初めて朝鮮を訪れた柳はここで朝鮮美術に目覚めたんだ。

東洋の美術についに開眼した柳はこんな行動を起こしたんだ。

早速マンガを見てみよう。

作者まみこ

東洋の朝鮮美術にドはまりして、朝鮮に美術館まで作った…。

という流れはなんとなく理解できるんだけれど・・・・・・。

 

なぜこの美術館に無名作家??????

庶民の雑器だよね?????

う・・・・・ん。

理解に苦しむ彼の行動だけど、これが民藝の美らしい・・・・。

かり子ちゃんも大混乱のこの民藝の美しさ。

 

果たしてこの美しさとは何なのか?

次回もお楽しみに!

【4コマ漫画】スリップウエア 後編

【4コマ漫画】食器の知識ゼロから勉強の旅

この記事を書いた人

まみこ

株式会社アリベ 取締役/4コマ漫画家/薬剤師/
カリーニョを運営する三姉妹の次女。本業である薬剤師として勤務する傍らで、4コマ漫画家としても活動中。三姉妹で一番IT関係に強く、カリーニョのシステム分野を担当する理系女子。
【これまでの実績】
『日経DIオンライン』にて4コマ漫画「ガンバレ薬剤師」連載中。
全国のMR経験薬剤師が作る転職応援サイト『MRファーマシスト』にて4コマ漫画連載。
薬剤師・主婦・子育てパパ等のLINEスタンプ作成他。