ウェッジウッドの歴史を紐解くシリーズ③ジャスパー

「真似したくてもできない」ジャスパーの誕生秘話

ウェッジウッドの歴史には、「クィーンズ・ウェア」の存在が非常に大きかったことを、「ウェッジウッドの歴史を紐解くシリーズ」①と②でご紹介しました。

【関連記事】
ウェッジウッドの歴史を紐解くシリーズ① クィーンズ・ウェア
ウェッジウッドの歴史を紐解くシリーズ②フロッグ・サーヴィス

しかし、クィーンズ・ウェアは、もともとはクリーム・ウェアという硬質陶器(アーザン・ウェア)で、これ自体は他社でも生産可能なものでした。

ジョサイアが開発したやきものの中で、最も独創的かつ画期的なものは、フロッグ・サービスの完成と同年(1774年)に完成させた、「ジャスパー・シリーズ」といって間違いないでしょう。

アミーゴ先生

「ジャスパー(Jasper)」とは、石英という鉱物の一種です。緑、黄色、青色、褐色などの美しい色彩のバリエーションがあり、ジャスパーという商品名はそこから取られました。

素地そのものに色を含有させるという画期的な方法で色付けされた青、薄紫、緑、黄などの地色の上に白色の優美な浮彫装飾(カメオ)を貼り付けたジャスパーは、それまでのヨーロッパの陶磁器にはまったくない美を示すもので、たちまちにしてヨーロッパの磁器市場を席捲(せっけん)しました。

ただ、言葉で言うのは簡単ですが、ジョサイアがジャスパーを完成させるまでに、実に数千回(文献によっては1万回)の試作品と4年の歳月がかかったとされています。

アミーゴ先生

数千回の試作…ジョサイアのモノ作りに対する並々ならぬ執着と精神力が感じられますね。発明家としての彼の一面がよくわかる逸話です。ストーク・オン・トレントのウェッジウッド本社に併設されているウェッジウッド・ミュージアムでは実物を見ることができます。

ところで、ジャスパーで使用されるカメオ、よくよく見ると1700年代後半の産業革命時代の人々のようすではなく、古典的なデザインだというのがわかりますか?

この記事を書いた人

加納亜美子

西洋磁器史研究家 / 料理研究家
「カリーニョ」代表。カリーニョを運営する三姉妹の末っ子。

幼少の頃から洋食器コレクターの父親の影響を受け、食器の持つバックストーリーに興味を持ち、文系塾講師、洋食器輸入会社で勤務後、2016年1月~会員制料理教室「一期会」、2019年1月~高級食器リングサービス「カリーニョ」の運営を始める。
曾祖母は赤絵付けの原料となるベンガラ作りに関わっていたルーツを持つ。