御用窯と御庭窯。何がどう違うの?

作者まみこ

江戸時代に登場した御用窯と御庭窯。名前が似ているけど、作られた用途は違うみたい。何が違うのか早速見て見よう!

作者まみこ

名前は似てても、目的は全然違う窯だったんだ。鍋島藩はどちらの窯もあったということなんだね。

それにしても、御庭窯ってそのまんまお庭で窯作ってたんだ…。お金持ちの考えることって古今東西あまり変わらないということを実感します。

今では自宅にプライベート窯を作るなんて発想ないけれど、江戸時代の人にとってはそれが一種のステータスだったなんて。焼き物って日本でもすごく価値の高いものだったことが分かります。

【4コマ漫画】江戸時代の歴史編の一覧

【4コマ漫画】食器の知識ゼロから勉強の旅

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いた人

まみこ

まみこ

株式会社アリベ 取締役/4コマ漫画家/薬剤師/
カリーニョを運営する三姉妹の次女。本業である薬剤師として勤務する傍らで、4コマ漫画家としても活動中。三姉妹で一番IT関係に強く、カリーニョのシステム分野を担当する理系女子。
【これまでの実績】
薬剤師専門誌『日経DI』にて4コマ漫画「ガンバレ薬剤師」連載中。
全国のMR経験薬剤師が作る転職応援サイト『MRファーマシスト』にて4コマ漫画連載。
薬剤師・主婦・子育てパパ等のLINEスタンプ作成他。
ホームページ:まみネット