【超簡単!美術様式の解説 #3】ロココは「ベルサイユのばら」です。

ロココは「ベルサイユのばら」。繊細でフェミニンで耽美

これまで、ゴシック様式とバロック様式についてお話してきました。

https://carino.jp/kyoyou2/

https://carino.jp/kyoyou3/

今回は、「ロココ様式」です。これは、どんな様式なのかすぐにわかります。
ロココ様式を私なりに分かりやすくいうと、「『ベルサイユのばら』の世界」

出典:Amazon
ベルばらはもう一つのアイコンと化し、最近もCMパロディがありましたね 。



玄馬絵美子

以上。これにつきます。
これ以上、イメージしやすいロココ様式はありません。そういう意味でベルばらの描かれている時代、そしてベルばらが発表された少女マンガの1970年代もまた、ロココ調でした。

1970年代の少女マンガ小話(こばなし)

この記事を書いた人

玄馬絵美子

玄馬絵美子

薬剤師 / 「陶磁器de読書会」講師
カリーニョを運営する三姉妹の長女。薬局や病院で薬剤師として勤務し、現在子育て中のアラフォー主婦。株式会社アリベでは財務面を担当。カリーニョでは趣味で研究してきた東西の19世紀末~20世紀初頭の文化・様式・芸術の世界を紹介するコラム執筆、読書会を主宰する。
【これまでの実績】
全国のMR経験薬剤師が作る転職応援サイト『MRファーマシスト』にてマネーコラム連載。
新聞の文芸欄掲載多数。