【7】ノルマン朝の時代

作者まみこ

前回から海外支配の時代について詳しく見てるよ。

デーン人がイングランド王国を一時的に支配していたものの、アングロサクソン系に王冠が戻っていったんだよね。

ようやくこれで安心したと思ったら…。次はノルマン人がやってくるんだよ。

 

なんでイングランド王国をノルマン人が?

早速マンガを見てみよう。

作者まみこ

ななな、なんと!

ヴァイキングの子孫っていう、こんな理由でアングロサクソン系を追い出してしまったの!?

しかもアングロサクソン系の土地が5%しか残っていないって…。

恐るべし、ノルマン・コンクエスト…。

 

でも、このノルマン朝の時代に今のイギリスの基礎となる王様が国民を支配するガッチリ体制が早い段階で整ったんだよ。

これはイギリスが大国へとなるきっかけになった重要なことなんだ。

海外支配を受けてたからこそ、今のイギリスがあるのはこのことが偶然だったのか必然的だったのか…。

歴史って面白いね。

 

次回もお楽しみに!

【4コマ漫画】イギリスの歴史前編

【4コマ漫画】食器の知識ゼロから勉強の旅

この記事を書いた人

まみこ

株式会社アリベ 取締役/4コマ漫画家/薬剤師/
カリーニョを運営する三姉妹の次女。本業である薬剤師として勤務する傍らで、4コマ漫画家としても活動中。三姉妹で一番IT関係に強く、カリーニョのシステム分野を担当する理系女子。
【これまでの実績】
『日経DIオンライン』にて4コマ漫画「ガンバレ薬剤師」連載中。
全国のMR経験薬剤師が作る転職応援サイト『MRファーマシスト』にて4コマ漫画連載。
薬剤師・主婦・子育てパパ等のLINEスタンプ作成他。