カリーニョスタッフの知恵袋がスタート! 初回は『エカテリーナ』です

こんにちは。
このコラムでは、カリーニョスタッフによるよもやま話をしたいと思います。

読んだ本や、見た映画、気になった新聞記事や最近の時事ネタ、ナドナド。基準は、「スタッフが気になったこと」です。
まあ、シャチョーの頭の中のスタッフ版と思ってください。

今回は、近日放送予定の大ヒット海外ドラマについてです。
ズバリ!「エカテリーナ」。


出典:チャンネル銀河「エカテリーナ」

うわあ、来ましたねー。
2月19日より、チャンネル銀河で放送されます。
ロシアで放映されるや否や、高視聴率をたたき出し、世界20か国で放送された大ヒットロシアドラマです。

見どころは、なんといっても細部にこだわった映像美と、豪華絢爛な衣装です。
18世紀当時のアンティークを使用し、ファッションはイタリアとスペインから最高級の生地をふんだんに使った豪華絢爛な衣装の数々。
もう、アンティーク好き、コスチューム好きには垂涎の的です。たまりません。

そのうえ、あの豪傑な女帝エカテリーナ二世の波乱の人生を全22話という長さで提供してくれるのですから、これはもうきっと見どころ満載でしょう。
あまりの人気ぶりに、これはシーズン1となり、続編のシーズン2まで制作されているというのですから、否が応でも期待がもてます。
(何だかこう書くとまるで私がチャンネル銀河のマワシモノのようですが、そんなことはありません。)

エカテリーナ二世は、ロシア・ロマノフ王朝の黄金期を築いたロシア最強女帝と呼ばれる人物です。
ロシアのエルミタージュ美術館を作った人物としても大変有名で、芸術工芸品をこよなく愛しました。
そのため、エルミタージュにはウェッジウッドの「フロッグ・サーヴィス」など、ヨーロッパのブランド食器が多数献上されています。
そう、西洋陶磁器を語るうえで、エカテリーナ二世は欠かせない人物なのです。

今日、シャチョーとは社内会議で会いましたが、この話をするのをうっかり忘れていました。
なので、このように社内連絡用としても本コラムを活用しようかと思います。

私も実際見たわけではないので、期待外れかもしれませんが、CMを見る限りは期待してもいいのでは、と。
私はチャンネル銀河に加入してないので、実際に見るかどうかはまた別の話として、もしご覧になられた方がいらっしゃいましたら、ぜひ感想をお聞かせください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう