ロブマイヤー日本総代理店様との企画の予告


(ロブマイヤーのシャンデリア『メトロポリタン』。)

ロブマイヤーは、日本では「ワイングラス」というイメージがあるかもしれませんが、実はシャンデリアも手掛けており、世界中で唯一、手作りでシャンデリアを作れる技術を持つブランドです。

***

現在、東京に来ています。
昨日は、表参道にあるロブマイヤーサロンで、今年の4月に開催予定のセミナーの打ち合わせ。

このブログ上で、今 準備中の企画についてご案内*

2019年は日本・オーストリア修好150年を記念して、様々な展覧会が開催されます。
【クリムト展】、【ハプスブルク展】、【モダン・ウイーンの世界】他。
それらの展覧会の主題となる【ウイーン世紀末芸術】を、この度ロブマイヤー日本総代理店である株式会社ロシナンテの天野光太郎様をお招きし、ロブマイヤーの作品、関連画像を通して、ご紹介いただきます。

 

今回は、贅沢にもシャンデリアに特化したセミナーになる予定。
ロブマイヤーのシャンデリアを滋賀の会場で展示し、実物を見ながら、2023年には創業200周年を迎える歴史あるロブマイヤーの世界観をご堪能いただける内容になります!

 

美しいロブマイヤーのシャンデリアを関西で見ることができる機会は、ほとんどありません。

カリーニョでは、【食器×教養】でコラム担当の玄馬が、陶磁器文化が最も花開いた18世紀から20世紀にかけての文化・様式・芸術を紹介していますが、ロブマイヤーが誕生したのも、まさしくその時代。

ロブマイヤー×カリーニョで教養あふれる時間を参加者の皆様と過ごせるよう、準備を進めています。
ロブマイヤー好きな方、19世紀末の美術芸術が好きな方にはたまらないイベントになると確信しています!

日程は、4月5日(金)・6日(土)で、カリーニョ会員様限定募集です。
ぜひ興味のある方は、この日程のご都合を空けておいていただきたいです*

(近日中に詳細のご案内とともに募集も開始いたします!)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう