2020年新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。
カリーニョ代表の加納です。

カリーニョを立ち上げて、今月でちょうど1年になります。

まだまだ不慣れなことも多く、サービス面でも改善するべき課題がまだまだ山積みですが、それでも昨年は多くの食器好きな方と繋がれるきっかけを持つことができて、カリーニョを構築してよかったと思えています。

私個人としては、去年は10月下旬ごろから体調不良となってしまい、11月はほぼ仕事ができない状態となってしまいました。
今までアクセル全開で行動してきましたが、チームで運営しているカリーニョで、リーダーである私が戦線離脱すると本当に多方面に迷惑をかけてしまうことを痛感する1年でもありました。

今年は、まずは体調管理に気を付けながら、さらにカリーニョの存在を少しでも多くの方に知っていただき、陶磁器産業が盛り上がるきっかけ作りをしていきたいと思っています。

どうか新年も、カリーニョをよろしくお願いいたします!

カリーニョ代表
加納亜美子

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いた人

加納亜美子

加納亜美子

西洋磁器史研究家 / 料理研究家
「カリーニョ」代表。カリーニョを運営する三姉妹の末っ子。

幼少の頃から洋食器コレクターの父親の影響を受け、食器の持つバックストーリーに興味を持ち、文系塾講師、洋食器輸入会社で勤務後、2016年1月~会員制料理教室「一期会」、2019年1月~高級食器リングサービス「カリーニョ」の運営を始める。
曾祖母は赤絵付けの原料となるベンガラ作りに関わっていたルーツを持つ。