2020年カリーニョのクリスマス

昨日は、今年最後の洋食器講座@カリーニョ草津サロンでした。

クリスマスにお届けできるよう、いつも以上の急ピッチで動画編集を行いました!

講座がどんな内容だったのかというレポートは、スタッフTomokoに託して…(笑)

講座が終了した後は、滋賀県在住のカリーニョスタッフで、こじんまりとしたクリスマスパーティを開催しました。

先日、行きつけのお酒屋さんで「con carino」というワインを発見。
この日に是非スタッフと一緒に飲みたいなと思い、購入していました。

なんと?1000円台!さわやかな果実味が印象的な味わい。コスパ最高、とてもおいしかったです!

「カリーニョ」という言葉には、「大切な人」「愛着のあるもの」「愛情」など、とっても愛に満ちた意味があります。「con carino」は「大切な人と一緒に」という意味に。時間を共にしたい人と楽しむ、美味しく楽しい時間……こだわりの器に、好きな料理を好きなように盛り付ける。おうちレストランって素晴らしいな、としみじみ。

今年の洋食器講座は終了しましたが、来年の新しい企画はすでに準備が始まっています!
また募集の準備ができましたら、メルマガなどでいち早くご案内いたしますね。

そして現在、食器レンタルの商品ラインナップ充実を図るために、レンタル専用ページのプチリニューアルを行っています。それに伴い、日々撮影やら画像加工やら商品ページの作りこみやらで…

カリーニョプラチナ会員も、もっと沢山の方と、長く継続したお付き合いができればと思い、内容を少しアップデートしました。こちらも、準備が整い次第、ご案内いたします。

私の仕事納めはもう少し先となりそうです。。。

なにはともあれ・・・
この半年間、初心者のための洋食器講座イギリス陶磁器編をご受講くださったすべての皆様に心から感謝です!
本当に有難うございました*

この記事を書いた人

加納亜美子

西洋磁器史研究家 / 料理研究家
「カリーニョ」代表。カリーニョを運営する三姉妹の末っ子。

幼少の頃から洋食器コレクターの父親の影響を受け、食器の持つバックストーリーに興味を持ち、文系塾講師、洋食器輸入会社で勤務後、2016年1月~会員制料理教室「一期会」、2019年1月~高級食器リングサービス「カリーニョ」の運営を始める。
曾祖母は赤絵付けの原料となるベンガラ作りに関わっていたルーツを持つ。