「ハプスブルク家と名画・陶磁器の世界」初回講座が開催されました

こんにちは。
カリーニョスタッフのTomokoです。

本日は近鉄文化サロンにて午前、午後に渡りセミナーを開催させて頂きました。

 

午前が洋食器講座~イギリス陶磁器編~の初回。
そして、午後は、【ハプスブルク家と名画・陶磁器の世界】が本日より始まりました。
初回でしたが、体験の方を含め、満席で開催させて頂くことができました。第1回目は[名画で紐解くスペイン系ハプスブルクとオーストリア系ハプスブルク]と題し、ハプスブルク家の家系図を見ながら学びます。

田舎貴族だったマクシミリアン1世が神聖ローマ帝国の皇帝に抜擢され、さらに自身の結婚により領土の拡大を経験します。
ここからハプスブルク家の[婚姻外交]が始まります。


その後列強のスペインと血縁を結ぶことになります。スペイン系ハプスブルク家は青き血を守るため[近親結婚]を繰り返し、最終的にはスペイン系ハプスブルクが途絶える事になってしまう。
この辺りの話が何度聞いても面白いのです。

 

①マクシミリアン1世とアルブレヒト・デューラー、
②スペイン系:フェリペ4世とディエゴ・ベラスケス
③オーストリア系: ルドルフ2世とジュゼッペ・アルチンボルド

 

これらの有名人に焦点を当て、それぞれの人物という点を線に繋げて歴史の変遷を見ていきます。

人物名を見ただけだと、なんか聞いたことあるけど誰だったっけ?となるのですが、関連付けてそれぞれの「時の名画」とともに学んでいくと『なるほど〜』となるのが亜美子先生の講座の特徴です。

名画を見て説明されることで頭の整理がされ、記憶にも残るので、本物を見た時の感動が何倍にも膨れ上がります。

そんなオトナのマナビをぜひ経験してみませんか?

第2回は【ハプスブルク家と陶磁器~偉大なる女帝マリア・テレジア~きらびやかな宮廷文化】
ようやくマリア・テレジアが出てきます。ご興味のある方はぜひ‼︎。

募集内容はこちらをご覧ください

【新講座】ハプスブルク家と名画・陶磁器の世界(近鉄文化サロン阿倍野)

皆さまのご参加をお待ちしております。申し込みは、近鉄文化サロンで受付しています。
ご不明な点がございましたら、カリーニョにもお気軽にお問い合わせくださいね。

\ 関連記事はコチラ /

洋食器講座(近鉄文化サロン)でのようす

この記事を書いた人

編集部

編集部

カリーニョ編集部による記事です