白い器を選ぶということ

器を選ぶうえでの楽しみの一つはデザインや色遣い。

目の覚めるような鮮やかなものから、すっきりとした白まで、空間、家具、自分が持っているほかの器を想像しながら、その仲間に加われる新たなメンバーを探すと時間は結構ワクワクする時間だったりします。

これから食器を集めようとされている方。何を買ったらいいいの?と迷うのであれば「白い器」を選択肢の一つに取り入れてみてはいかがでしょう。

白はどんな時でも基本の一色です。食器もしかり。

レストランで、とっても素敵な白の器で食事が出てきたことはありませんか?

「白い器」は定番中の定番であり、ごまかしがききませんので、料理を最も映えさせられる色として、プロの料理人の方もよく使われています。

また白い器は、和洋中どの料理にも合わせやすいので、持っていても決して邪魔にならない器です。あとから買い足しをしたり、色柄とコーディネートをしたりということもできちゃいますので、持っていないのであればおススメです。

ノリタケを代表する白い器「シェールブラン」を使って

同じでも違う

白は一見するとどれも同じように見えるかもしれません。でも前回「ボーンチャイナ」の回でもお話ししましたが、白にも様々な色が存在します。

ボーンチャイナの乳白色、青みがかった白、目の覚めるような白など、メーカーごとにその白さが異なるため、そのメーカーのこだわりを白磁が教えてくれることもあります。

原料をどのような割合で配合するのか、含まれている不純物をどの程度取り除くか、そういったことが白という色に反映されるのです。

もちろん、白くない=不純物が入っている=品質が良くないというわけではありませんので、自分好みの白さを探してみてください。

白をベースに差し色などが入っているのも、お料理が映えます。

\ もっと詳しく知りたい方はコチラ /

\ 同じカテゴリーの記事はコチラ /

【4コマ漫画】食器の知識ゼロから勉強の旅

この記事を書いた人

編集部

編集部

カリーニョ編集部による記事です