陶磁器de読書会@岡山モンゴメリ『赤毛のアン』申し込み有難うございました

1月とは思えないほどの暖かい冬を迎えていますね。
我が家の庭のクリスマスローズも、例年よりも成長が早いようで、もうたくさんの可憐な花を咲かせています。

さて、2月陶磁器de読書会『赤毛のアン』も申込みが終了しました。レジメも出来上がり、あとは当日を迎えるばかりです。

陶磁器de読書会@岡山(ポートベロ) モンゴメリ『赤毛のアン』

ヴィクトリア時代の英国式生活様式を丁寧に描いた『赤毛のアン』。
幸福になるための知恵を散りばめている『赤毛のアン』。
のびゆく主人公アン・シャーリーの健やかな成長を物語る『赤毛のアン』。

いろんな見方の出来るテキストを全て語るのは、ティータイムが入った1時間半ではとても時間が足りません。そのため、文学的な内容のどこに焦点を絞るのか、物語の小道具の何を紹介するのか、私なりに厳選してレジメにまとめてみました。

参加者の皆さまの中には、テレビアニメや抄本などで、子どもの頃から慣れ親しんだ思い出の本である方もいらっしゃるでしょう。

共催者のポートベロ金森さんも大好きな物語で、満場一致で2月の読書会のテーマが決まった作品です。思い出話や、皆さまなりの解釈も、ぜひお聞きしたいところです。これぞ、読書会の醍醐味ですね!

ご用意するティーカップは、イギリスを代表する陶磁器メーカー、ロイヤルアルバートの「キャンディー」シリーズのティーカップです。

会場はおなじみ、英国のアンティークハウス ポートベロさんです。
ヴィクトリア時代の雰囲気たっぷりの会場で、カナダ英国領時代のていねいな生活に想いを馳せながら、和やかなティータイムと愛と感動の小説を味わいましょう!

申込受付中のセミナー・イベント

これまでの陶磁器de読書会のようす

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いた人

玄馬絵美子

玄馬絵美子

薬剤師 / 「陶磁器de読書会」講師
カリーニョを運営する三姉妹の長女。薬局や病院で薬剤師として勤務し、現在子育て中のアラフォー主婦。株式会社アリベでは財務面を担当。カリーニョでは趣味で研究してきた東西の19世紀末~20世紀初頭の文化・様式・芸術の世界を紹介するコラム執筆、読書会を主宰する。
【これまでの実績】
全国のMR経験薬剤師が作る転職応援サイト『MRファーマシスト』にてマネーコラム連載。
新聞の文芸欄掲載多数。