東京・よみうりカルチャ-恵比寿での洋食器講座・初日が終了しました

こんにちは。カリーニョ代表の加納亜美子です。
今週水曜日、東京・恵比寿での洋食器講座の初日が終了しました。

実は、予想以上に受講者の方が集まってくださって、開始前まで少し緊張…。

ですが、とても熱心に、そして笑いや感嘆の声をあげてくださる受講者の方々に恵まれて、気づけばあっという間の90分となりました。

最初は緊張していましたが、だんだんといつものテンションに…(笑)

帰り際に「洋食器の話だけでなく、学生の時に暗記モノとして単語だけで覚えていた歴史用語が、今日ようやくその意味がわかり、スッキリした」と言ってくださる方も。

このアハ体験のような感覚を受講者の方と共有できることが、私もずっとこの講座を続けたくなる理由の一つです。笑

ご受講くださいました方々、本当にありがとうございました!来月からもどうぞ宜しくお願いいたします*

この記事を書いた人

加納亜美子

加納亜美子

西洋磁器史研究家 / 料理研究家
「カリーニョ」代表。カリーニョを運営する三姉妹の末っ子。

幼少の頃から洋食器コレクターの父親の影響を受け、食器の持つバックストーリーに興味を持ち、文系塾講師、洋食器輸入会社で勤務後、2016年1月~会員制料理教室「一期会」、2019年1月~高級食器リングサービス「カリーニョ」の運営を始める。
曾祖母は赤絵付けの原料となるベンガラ作りに関わっていたルーツを持つ。